他の薬剤を同時に使用する注意点とタミフルの副作用

タミフルは一般的にはインフルエンザ治療薬として認識されていますが、その使用には幾つかの注意点もあり副作用の症例も多い特徴が見られます。主な副作用としては、腹痛、下痢、吐き気などの症状ですが、それ以外にも服用すると異常行動がでたり、ショック症状などが起きたりと新聞などでも報道されたことがありました。

その異常行動については、10代の子供がそれを服用した後に飛び降りによる事故が2件発生したこともあり、事態を重く見た厚生労働省が「原則的に10代に使用禁止」を打ち出したことがあります。ただ異常行動については、インフルエンザに罹ると高熱などにうなされ、意識が朦朧とする症状もありますので、タミフルを服用して起こったかどうかは謎です。

また同時に服用していた解熱剤などの影響もあったかどうかも定かではありません。比較的に最新のインフルエンザ治療薬なので、人間にどういった副作用が起こるかは詳細に解明されているわけではないです。

タミフルの特徴は、インフルエンザウイルスそのものを殺菌するのではなく、人間の持っているウイルスに対する抗体に作用して、それを強化させることでウイルスを撲滅します。インフルエンザに罹ると高熱が出る場合が多く、同時に他の薬、例えば解熱剤などがありますが、それを服用することも多いです。

そのため使用上の注意点として、同時に解熱剤を服用しない、服用後は付き添いの方が一時間ほど注意深く見守る、服用後に重大な副作用が発生したら服用を止めることです。そして異常が見られたら医師に相談を行なうなどすることも必要となります。

なおタミフルをインフルエンザの治療だけでなく予防として服用されるケースもあります。インフルエンザに罹っていないけど、かかるのを防ぐ目的でです。

その場合でも他の薬と併用して飲む場合もありますので、医師の相談を受けてから飲むなどの注意点も存在します。