タミフルが無く、治療が可能と言うのは嘘なの?

インフルエンザの自覚症状が出て病院を受診し、そこでインフルエンザだと断定された場合にはほぼ間違いなく治療薬が処方されることになるでしょう。
代表的な治療薬としてはいくつかが挙げられますが、その中でも特に知名度が高いのはタミフルです。
よく「インフルエンザの際にはタミフルを飲まなくてはならない」とされることも多いのですが、しかし中にはタミフルが無くともインフルエンザの治療は可能だと言う人もいます。
こうなってくるとどちらが本当なのか、どちらが嘘なのかということで悩んでしまう人も多いのですが、結論から言ってしまえば「タミフルが無いとインフルエンザの治療は不可能だ」という考え方の方が嘘だと言えます。
そもそも人間にはしっかりとした抵抗力がありますし、ほとんどの場合であれば栄養を摂って安静にしていればインフルエンザであってもいずれ完治します。
ただ、ここで少々注意をしなくてはならないのがそもそもタミフルという薬はインフルエンザの症状を和らげる効果が強いということです。
そもそもタミフルの役割は体内のインフルエンザウイルスが増殖することを防ぐ目的があって処方されるものであり、これは「インフルエンザウイルスが増殖してより体調が悪くなることを防ぐ必要がある」という判断に基づくものです。
ですからタミフルが無くともインフルエンザの治療は可能なのですが、これは「症状が悪くなったとしても耐えることが出来る」という前提が無くてはなりません。
しかし実際のところでは抵抗力の少ない子供や老人、早く完治させなくてはならない社会人などそれぞれに事情がありますから、「タミフルは飲まない方が良い」と断言してしまうと、今度はこちらが嘘になってしまうわけです。
薬はそれぞれの特徴、処方される理由をしっかり理解したうえで付き合うことが重要だとして覚えておきましょう。